旅の思い出を写真に残そう!おすすめのスポット

まるで異国のようなフォトジェニックな観光スポット!

日本国内でありながら、まるで異国のような情景。そんな印象深いフォトジェニックな観光スポットであれば、旅の思い出にもなるはずです。そこでおすすめしたいのが、香川県の小豆島にある「オリーブ公園」。海の見える小高い丘にはギリシャ風車が回転し、地中海沿岸の街にいるかのように錯覚しそうです。ここなら旅の記憶に残る、素晴らしい1枚を撮影できるに違いありません。

もう1つ異国情緒たっぷりの観光スポットを紹介しましょう。埼玉県の飯能市には、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と呼ばれる、フィンランド風のテーマパークがあります。トーベ・ヤンソンと聞いてピンときた方もいるはず。あの絵本やアニメでお馴染みの、「ムーミン」の原作者です。このテーマパークには、キノコの形をした建物やヒノキの丸太を使った資料館など、ファンタジックな情景が広がります。子どもと一緒に思い出の1枚を撮るにはピッタリです。

季節を選んで行くならこのフォトジェニックな観光スポット!

春といえば桜の季節ですが、あえて桜の名所とは趣の異なる場所を選ぶのも、旅の思い出になるはずです。そこでおすすめしたいのが、茨城県のひたちなか市にある、「国営ひたち海浜公園」。海を見渡せる広大な園内には、春になると真っ赤なネモフィラが、丘の斜面一帯を覆い尽くします。丘の頂上まで登って、この色鮮やかな景色を撮影すれば、旅のよい思い出になるはずです。

夏のシーズンには海へ行く方も多いことでしょう。旅の思い出に、美しい海が広がる景色を撮影するなら、鹿児島県の最南端にある「与論島」へ行ってみてはいかがでしょうか。羽田空港からであれば、飛行機で3時間半ほどで到着できます。真っ白い砂浜とエメラルドブルーの海がコントラストになって、夏の景色にふさわしい思い出の1枚を撮ることができます。